(読み)ハナシ

デジタル大辞泉の解説

はなし【話】

言葉を交わすこと。会話。談話。また、声を出して言うこと。「が尽きない」「こそこそ
筋をたてて述べること。また、その内容。「のうまい人」「ためになる
話題。「は変わりますが」「をそらす」「難しいはやめよう」
うわさ。評判。「人のによれば」「国中が選挙ので持ち切りだ」「だけで実現しない」
話し合うこと。相談すること。「ちょっとがある」「がこじれる」「がまとまる」「結婚
いきさつ。わけ。事情。「詳しいは知らない」「おはうかがっています」
物事の道理。「の通じない人だ」「それではが逆だ」
(「咄」「噺」とも書く。「噺」は国字)人に聞かせるための作り話。説話・昔話・落語など。「浦島太郎の」「おの世界」「人情
こと。ことがら。前述の内容をさしていう。「こんなになるまでほうっておいたとは、まったくひどいだ」「いやはやあきれただね」
[下接語](ばなし)浮世話打ち明け話内輪話裏話噂(うわさ)話大話御伽(おとぎ)話戯(おど)け話落とし話思い出話音曲咄(おんぎょくばなし)怪談咄(ばなし)楽屋話掛け合い話軽口話愚痴話小話こそこそ話零(こぼ)れ話三題咄(ばなし)仕方話下(した)話芝居咄(ばなし)地咄(じばなし)自慢話素(す)話世間話高話立ち話譬(たと)え話茶話茶飲み話作り話辻噺(つじばなし)伝え話艶(つや)話内証(ないしょ)話長話人情話惚気(のろけ)話馬鹿話ひそひそ話一口話一つ話身の上話土産(みやげ)話昔話無駄話与太話夜(よ)話四方山(よもやま)話別れ話笑い話

わ【話】[漢字項目]

[音](慣) [訓]はなす はなし
学習漢字]2年
〈ワ〉
はなす。しゃべる。「話術話法会話懇話手話対話談話電話独話
はなし。筋立てて語られたもの。「話題逸話佳話寓話(ぐうわ)訓話実話笑話神話説話挿話童話秘話民話夜話
ことば。「官話白話
〈はなし(ばなし)〉「裏話小話昔話無駄話

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

はな・せる【話】

〘サ下一〙 (「はなす(話)」の可能動詞)
① 話すことができる。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉三「話せないとすれば〈略〉切角の智識も無用の長物となる」
② 話し相手とするに足りる。物わかりがよく融通がきく。
※浄瑠璃・歌枕棣棠花合戦(1746)三「コリャ咄せるぞ、面白い」

わ【話】

〘名〙 はなし。物語。特に、修行する者の手本となることば。
※正法眼蔵(1231‐53)即心是仏「いはゆる即心の話をききて痴人おもはくは」
※咄本・昨日は今日の物語(1614‐24頃)上「生死一大事のわを授け給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

話の関連情報