コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

認定看護師 にんていかんごし Certified Nurse

2件 の用語解説(認定看護師の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

認定看護師

日本看護協会が策定した資格認定制度の資格の一つ。特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、水準の高い看護が実践できる看護師のことを指す。高度化・専門分化が進む医療現場における看護ケアの広がりと看護の質の向上を目的としている。
特定の看護分野とは、救急看護、皮膚・排泄(はいせつ)ケア、集中ケア、緩和ケア、がん化学療法看護、がん性疼痛(とうつう)看護、訪問看護、感染管理、糖尿病看護、不妊症看護、新生児集中ケア、透析看護、手術看護、乳がん看護、摂食・嚥下(えんげ)障害看護、小児救急看護、認知症看護、脳卒中リハビリテーション看護、がん放射線療法看護に加え、2010年2月に新たに特定された慢性呼吸器疾患看護と慢性心不全看護を加えた21分野のこと。
認定看護師の役割は、これら21分野において、(1)個人、家族および集団に対して、熟練した看護技術を用いて水準の高い看護を実践すること、(2)看護実践を通して看護職に対し指導を行うこと、(3)看護職に対しコンサルテーション(専門家による専門家への相談)を行うこと、とされている。
資格取得には、日本の保健師、助産師、看護師のいずれかの免許を取得しており、免許取得後、実務研修が通算5年以上、そのうち3年以上は認定看護分野の研修があることに加え、日本看護協会が認定している認定看護師教育課程を修了していることが条件となっている。その上で、日本看護協会の試験に合格しなければならない。
10年3月現在、認定看護師養成中の4分野を除いた17分野で5千762名の認定看護師がいる。
認定看護師は、病院案内などに認定看護師が勤務していると掲載できることになっており、病院の看護の質を推察するための指標の一つとして参考にすることができる。

(星野美穂  フリーライター / 2010年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

にんてい‐かんごし【認定看護師】

特定の看護分野について優れた知識と熟練した看護技術を持つと日本看護協会が認定した看護師。救急看護感染管理など21分野がある。CN(certified nurse)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

認定看護師の関連キーワード日本看護協会レッスンプロ救急看護師ビジネスキャリア制度営業職員教育試験制度抗がん剤治療の認定制度日本プロゴルフ協会(PGA)認定医、専門医制度感染症看護専門看護師認定看護師と専門看護師

今日のキーワード

パラリンピック

障害者スポーツ最高峰の大会。国際パラリンピック委員会(IPC : International Paralympic Committee)が主催している。もう1つのオリンピックという意味を表すparal...

続きを読む

コトバンク for iPhone

認定看護師の関連情報