コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

語絲 ごしYu-si

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

語絲
ごし
Yu-si

中国の週刊雑誌。1924年11月創刊,1930年廃刊。魯迅周作人孫伏園らが創刊し,林語堂銭玄同兪平伯らが執筆した。五・四運動の退潮期にあって,停滞した空気を打破して新しいものの誕生を促進することを目的とした。随筆,評論を主に一時はかなり影響力をもったが趣味的に走る部分もあり,さほどの効果をあげなかった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

語絲
ごし

中国の週刊文芸雑誌。1924年北京(ペキン)で創刊、27年軍閥張作霖(ちょうさくりん/チャンツオリン)により発禁に付せられたが上海(シャンハイ)で復刊、30年廃刊。毎号10ページ足らずの小冊に風刺的雑文から詩的創作までを含む自由な小品を載せて、北伐国民革命前後の混乱のなかでよく新文化の灯を守り通しつつ近代的散文の確立に大きく貢献した。
 北洋軍閥政府の息のかかった『現代評論』と対立し、のちには新興左翼の革命文学論とも論争を辞さなかったところから、「語絲派」の名は政治上一種の急進的中間派を意味するに至ったが、同人の思想的立場は本来さまざまで、その結束もきわめて緩いものであった。事実上の編集を、北京では周作人(しゅうさくじん/チョウツオレン)、上海では魯迅(ろじん/ルーシュン)ついで柔石(じゅうせき/ロウシー)がそれぞれ担当した。[木山英雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

語絲の関連キーワード野草(魯迅の散文集)李偉森李健吾郁達夫柔石

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android