コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

読(み)取る ヨミトル

デジタル大辞泉の解説

よみ‐と・る【読(み)取る】

[動ラ五(四)]
文章などを読んで、意味や主旨を理解する。「詩の言わんとするところを―・る」
外面に現れたことから、本心などをおしはかって理解する。「表情から苦悩を―・る」
コンピューターなどの機器が、文字や記号を判断する。「バーコードを―・る機械」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

読(み)取るの関連キーワード磁気インキ文字読取り装置ローリッツェン検電器ワールブルク検圧計阿毘達磨大毘婆沙論テレメータリングマイクロメータ振動容量電位計吸収型周波数計ジオディメータデプスゲージコンパレータ重力波天文台地質断面図弾性圧力計古本説話集絶縁抵抗計気体干渉計測微顕微鏡測微指示計電気計測

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android