コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

何晏 かあんHe Yan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

何晏
かあん
He Yan

[生]初平1(190)
[没]嘉平1(249)
中国,三国時代学者。字は平叔。河南南陽の人。名門の出で魏の公主をめとり,侍中尚書となる。伊達男として浮華の名が高く,老荘思想を好み,清談の風を開いた。のち,曹爽らと反逆をはかって司馬懿に誅せられた。才知に秀で,詩文をよくした。著書論語集解』 (10巻) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かあん【何晏 Hé Yàn】

190‐249
中国,魏の老荘哲学者。字は平叔。南陽(河南省)の人。後漢末の大将軍何進の孫にあたる。魏の王室とのつながりが深く,魏末期に王族の一人曹爽が政権を握ったときには,側近として重んぜられたが,司馬懿(しばい)のクーデタに遭って殺された。王弼(おうひつ)とともに魏・晋における老荘学,清談の開祖とされ,著書に《論語集解(ろんごしつかい)》10巻,《老子道徳論》2巻などがある。ことに前者は,《論語》注釈の古典として長く権威を保った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

かあん【何晏】

?~249) 中国、三国時代魏の学者・思想家。字あざなは平叔へいしゆく。老荘思想を好み、王弼おうひつらと魏・晋しん時代の老荘思想流行の端緒を開いた。著「論語集解しつかい

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

何晏
かあん
(?―249)

中国、三国時代の魏(ぎ)の政治家。字(あざな)は平叔(へいしゅく)。宛(えん)(河南省南陽県)の人。漢の大将軍何進(かしん)(?―189)の孫。母の尹(いん)氏がのちに魏の武帝曹操(そうそう)の夫人となったので、幼いころより母とともに宮中に育ち、秀才の誉れ高かったが、太子の服装をまねるなど倨傲(きょごう)な面があった。武帝からはかわいがられて帝の女(むすめ)の金郷公主を妻に迎えることを許された。しかし彼の不遜(ふそん)な態度は文帝(曹丕(そうひ))からは嫌われて官職につけなかった。明帝にも疎んじられて平凡な官職しか与えられず、官位には恵まれなかった。曹爽(そうそう)(?―249)が司馬懿(しばい)と権力を争うに及び、曹爽の力で尚書(しょうしょ)にまで累進し、官吏の任用をつかさどったが、知人を多く抜擢(ばってき)したといわれる。『論語集解』の編纂(へんさん)のほか、『道徳論』『無名論』『無為論』や詩賦(しふ)など数十編の著述がある。その思想は『老子』を尊び、王弼(おうひつ)と並んで玄学の創始者となる。聖人には喜怒哀楽の情がないと唱えて、王弼と論争したことは有名な逸話である。[小林正美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の何晏の言及

【玄学】より

…これらの書物は〈三玄〉とよばれた。前漢末の揚雄や後漢末の荆州の群雄である劉表(りゆうひよう)のもとにさかえた学団にその起源はもとめられるが,確立者は魏の何晏(かあん)や王弼(おうひつ)たちである。何晏は《論語》の注釈を,王弼は《老子》および《周易》の注釈を著し,天地万物の本体を〈無〉にもとめる形而上学の立場から,漢代の儒学にかわる哲学を樹立した。…

【論語集解】より

…中国,魏の何晏(かあん)(?‐249)の著書。10巻。…

※「何晏」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

何晏の関連キーワード魏(中国、三国の一つ)十三経注疏論語義疏正平版寒食散うどん李鼎祚経学裴頠古注范寧

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android