コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諫早平野 いさはやへいや

1件 の用語解説(諫早平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

諫早平野
いさはやへいや

長崎県南東部,多良岳南麓から,西彼杵半島島原半島の各地峡部に広がる平野。有明海大村湾橘湾に面し,主として本明川の形成した三角州と,有明海支湾の諫早湾岸の干拓地からなる長崎県最大の平野で,水田地帯。面積約 35km2。開発の歴史は古く,諫早市南東部の小野には条里制の遺構がある。明治以後の干拓では,吾妻雲仙市)地先の 2.5km2(1893着工,1930完成),森山の国営諫早干拓地 4km2(1964完成)がある。また 1989年着工の諫早湾干拓事業では,湯江(諫早市)と吾妻を結ぶ潮受け堤防の内側約 35.42km2(造成地約 9.42km2,調整池約 26km2。1999完成)が干拓された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone