コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

諸塚山 もろつかやま

1件 の用語解説(諸塚山の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

もろつかやま【諸塚山】

宮崎県北西部,諸塚村と高千穂町との境界にある山。標高1342m。七ッ山または太伯山(たいはくやま)ともいう。地質は古生代石灰岩粘板岩,砂岩などからなる。山上には諸塚神社(1925年七ッ山神社から改称)があり,中国の呉から太伯という人物がこの山に来て参籠したという伝説がある。北麓にはフクジュソウの自生地がある。【下村 数馬】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

諸塚山の関連キーワード高千穂町高千穂峡高千穂峰高千穂大学高千穂土呂久高千穂宮高千穂峡淡水魚水族館高千穂鉄道黒麹高千穂

諸塚山の関連情報