コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高千穂町 たかちほ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

高千穂〔町〕
たかちほ

宮崎県北西部,五ヶ瀬川の上流域に位置する町。熊本県,大分県に接する。1920年町制。1956年田原村および岩戸村の一部と合体。1969年上野村を編入。三田井氏の領有地であったが,文禄1 (1592) 年以後延岡藩が支配。大部分は山林原野。主産業は農業で,田畑は五ヶ瀬川流域の段丘上に開けている。日本建国にまつわる神話伝説の地で,平安時代から伝わる岩戸神楽 (夜神楽) は国の重要無形民俗文化財に指定。下野八幡宮のイチョウおよびケヤキ,田原のイチョウはともに国指定天然記念物。祖母傾国定公園および祖母傾県立自然公園に属し,高千穂峡 (国の名勝・天然記念物) をはじめ,柘の滝鍾乳洞 (国の天然記念物) ,国見丘,高千穂神社天岩戸神社 (あまのいわとじんじゃ) などの景勝地や旧跡がある。国道218号線,325号線が通じる。面積 237.54km2。人口 1万2755(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たかちほ‐ちょう〔‐チヤウ〕【高千穂町】

高千穂

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

高千穂町の関連キーワードアジア砒素ネットワーク(AAN)四季見原すこやかの森キャンプ場刈り干し切り唄・苅り干し切り唄ロバート.L. ラムセイヤー宮崎県西臼杵郡高千穂町上岩戸宮崎県西臼杵郡高千穂町五ケ所宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井宮崎県西臼杵郡高千穂町下野宮崎県西臼杵郡高千穂町向山宮崎県西臼杵郡高千穂町上野宮崎県西臼杵郡高千穂町押方宮崎県西臼杵郡高千穂町河内宮崎県西臼杵郡高千穂町田原宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸旧土呂久鉱山とヒ素公害高千穂峡淡水魚水族館高千穂ユースホステル旧松尾鉱山ヒ素公害高千穂鉄道高千穂線高千穂がまだせ市場

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高千穂町の関連情報