コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

謝罪広告 しゃざいこうこく

世界大百科事典 第2版の解説

しゃざいこうこく【謝罪広告】

名誉毀損による損害賠償の方法の一つとして,加害者が被害者に対して広告という形で謝罪の意を表明するもの。たとえば,誤って虚偽の事実を報道して他人の名誉を毀損した週刊誌の記事につき,記事執筆者・雑誌社が新聞紙上に陳謝の意をあらわす広告を掲載する場合などがこれにあたる。名誉毀損を含む不法行為一般においては損害賠償は金銭の支払によって行われるのが原則であるが,名誉毀損においては単に賠償金を受領しただけでは被害者の名誉が回復されるとはかぎらない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

謝罪広告
しゃざいこうこく

他人の名誉・信用を毀損(きそん)した者が、それを謝罪する旨の広告。通常は新聞紙上に掲載される。故意または過失によって人の名誉・信用を毀損すると、民法上不法行為を構成する(709条)。しかし、日本の民法上不法行為の損害賠償は金銭賠償を原則とする(722条・417条)ので、それだけでは毀損された名誉は回復されず、十分な救済とならない。そこで民法は、裁判所が被害者の請求により、損害賠償にかえ、または損害賠償とともに、名誉を回復するに適当な処分を命ずることができるものとした(723条)。その一つの方法が謝罪広告である。[淡路剛久]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

謝罪広告の関連キーワード週刊現代の八百長疑惑報道思想および良心の自由プライバシーの権利信用回復措置請求権宴のあと事件債権・債務淡路剛久原状回復代替執行

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

謝罪広告の関連情報