譎詐(読み)キッサ

大辞林 第三版の解説

きっさ【譎詐】

〔「けっさ(譎詐)」の慣用読み〕
いつわり。うそ。 「欺かるゝもの、欺くものと一様の-に富むとき、二人の位地は、誠実を以て相対すると毫も異なる所なきに至る/虞美人草 漱石

けっさ【譎詐】

あざむきいつわること。譎詭けつき

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android