コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

谷和原[村] やわはら

1件 の用語解説(谷和原[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

やわはら【谷和原[村]】

茨城県南西部,筑波郡の村。人口1万4230(1995)。小貝川沿岸の低地を占め,西境を鬼怒川が流れる。関東鉄道常総線,国道294号線が通じ,常磐自動車道谷和原インターチェンジもある。鬼怒川,小貝川の乱流地帯であったが,江戸時代初期以降伊奈忠治の治水事業などによって新田開発が進み,広大な水田地帯となった。農業は米作が主体であるが,キュウリなどの施設園芸もふえている。近年は農業機械,住宅資材などの工場が進出している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

谷和原[村]の関連キーワード牛久筑波研究学園都市坂東えびの君津常総つくばみらい羽島守谷筑波銀行

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone