豊宇気毘売神(読み)トヨウケビメノカミ

デジタル大辞泉 「豊宇気毘売神」の意味・読み・例文・類語

とようけびめ‐の‐かみ【豊宇気毘売神】

豊受大神とようけのおおかみ異称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「豊宇気毘売神」の意味・わかりやすい解説

豊宇気毘売神
とようけびめのかみ

伊勢(いせ)神宮の外宮(げくう)の祭神。「うけ」は稲魂(いなだま)の意で、伊弉冉神(いざなみのかみ)の病臥(びょうが)中に尿(ゆまり)より出現した和久産巣日神(わくむすびのかみ)の子。『古事記』天孫降臨条に「坐ス外宮之渡相(とつみやのわたらい)ニ神」(登由気神(とゆけのかみ))とあり、『止由気宮(とゆけぐう)(外宮)儀式帳』に、天照大神(あまてらすおおみかみ)に御饌(みけ)を奉る神として、雄略(ゆうりゃく)朝に丹波(たんば)国比治真名井(ひじのまない)から迎えられたとされる。ただし奈良朝に外宮の存在の証はなく、天孫降臨条の記事は後世竄入(ざんにゅう)と考えられている。天照大神に食物を奉献して服属儀礼を行ってきた伊勢の土地神がいつか食物神化し、さらに平安朝初期に白鳥伝承とも結び付き、食物神として著名であった丹波の豊宇賀能売神(とようかのめのかみ)(摂津、丹波風土記(ふどき)両逸文)が、新たにこの食物神として迎えられたのであろう。

吉井 巖]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典 「豊宇気毘売神」の解説

豊宇気毘売神

『古事記』の神話に登場する食物神。「うけ」は食物,穀物の意。よって,この神の名前は豊かな食物の女神の意。火の神である迦具土を生んだために陰部を焼かれてしまった伊邪那美(イザナミ)は,苦しみながら嘔吐,排泄したが,その際に尿から生まれ出た和久産巣日(ワクムスヒ)の子がトヨウケビメノカミである,と伝える。この話では,生産の神であるワクムスヒが生まれる直前に火,土,水などを司る諸神がイザナミから生まれているので,ここでは焼き畑による農耕起源が語られているのだともいわれる。なお,天孫である邇邇芸命が地上へ降臨する『古事記』の話に度相にいます神として出ている「登由気神」や,『延喜式』の祝詞に「屋船豊宇気姫命」とある神と,この豊宇気毘売神が同じ神であるかどうかは不明だが,種々の穀物神が方々で祭られたと思われるから,別神である可能性が大きい。

(佐佐木隆)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「豊宇気毘売神」の解説

豊宇気毘売神 とようけびめのかみ

「古事記」にみえる神。
伊邪那岐命(伊奘諾尊)(いざなぎのみこと)と伊邪那美命(伊奘冉尊)(いざなみのみこと)の孫。和久産巣日神(稚産霊神)(わくむすひのかみ)の娘。食物をつかさどる女神で,伊勢神宮外宮(げくう)にまつられている登由宇気神(とゆうけのかみ)(豊受気毘売神(とゆけひめのかみ))と同神ともいわれる。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典(旧版)内の豊宇気毘売神の言及

【登由宇気神】より

…伊勢神宮外宮(豊受(とゆけ)大神宮)の祭神。豊宇気毘売(とようけびめ)神とも。トヨ(ユ)は美称,ウケもしくはケは食物の意,すなわちこの神は内宮の天照大神(あまてらすおおかみ)に仕える食物神(倉稲魂(うかのみたま))である。…

※「豊宇気毘売神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android