霊神(読み)レイジン

世界大百科事典 第2版の解説

霊験のあらたかな神,ご利益(りやく)の著しい神をいう。古典の上では,《保元物語》の巻上〈将軍塚鳴動幷びに彗星出づる事〉の段に,石清水(いわしみず)八幡宮賀茂神社日吉大社北野天満宮松尾大社,平野神社,伏見稲荷八坂神社住吉大社春日大社広田神社,広瀬神社,大原野神社などの畿内の神々が,日夜,禁中を守護されていることを述べたで,たとえ逆臣反乱をおこしても,これらの霊神が必ずお助け下さるとある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「れいしん」とも)
① 霊験あらたかな神。御利益のある神。
※性霊集‐二(835頃)大和州益田池碑「宛如霊神之埏埴、還疑洪鑪之化産
② その家の父祖を神としてまつるとき、卜部(うらべ)家に願い出て神号の下に付けられる語。
※随筆・幕朝故事談(1789‐1801か)「大名、父祖を神に祭る事は、吉田家へ願へば、霊神と号する事なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の霊神の言及

【生祠】より

…〈尋常ならずすぐれたる徳のありて,可畏き物を迦微(かみ)とは云なり〉という本居宣長の考え方によれば,人間でも優れた資質があれば,神にまつられることになる。人を神にまつると,吉田神道では,これに霊神(れいじん)号を与えた。その生祠を霊社(れいしや)と称している。…

※「霊神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

霊神の関連情報