コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊富温泉 とよとみおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

豊富温泉
とよとみおんせん

北海道北部,豊富町の下エベコロベツ川に沿う温泉。 1927年油田開発の際に湧出した日本最北の温泉である。泉質食塩泉泉温は 49℃。サロベツ原生花園の探勝基地でスキー客や湯治客にも利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

豊富温泉

1926(大正15)年、石油試掘中に天然ガスとともに噴き出た。泉質はナトリウム塩化物炭酸水素塩泉。黄濁した湯にうっすら油膜が張る。アトピー性皮膚炎などに効果があるとされる。年間約12万人が訪れ、温泉街には旅館・ホテルなどや、町営の日帰り入浴施設「ふれあいセンター」、保養宿泊所「湯快宿(ゆかいじゅく)」がある。湯治の相談などは同温泉コンシェルジュ・デスク(0162・82・3782)へ。

(2015-05-25 朝日新聞 朝刊 1道)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

豊富温泉
とよとみおんせん

北海道北部、宗谷(そうや)総合振興局管内の豊富町の南部、下エベコロベツ川右岸にある温泉。1926年(大正15)石油試掘中に発見された。日本最北の温泉とされる。泉質は塩化物泉である。ホテル・旅館のほか町営大浴場(ふれあいセンター)がある。スキー場が隣接する。JR宗谷本線豊富駅からバスの便がある。[岡本次郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

豊富温泉の関連キーワード八ヶ岳中信高原国定公園豊富温泉町営スキー場十和田八幡平国立公園北海道天塩郡豊富町豊富[町]豊富(町)峰[温泉]岡本次郎

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

豊富温泉の関連情報