コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

財政犯 ざいせいはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

財政犯
ざいせいはん

行政犯のうち違反の対象となる法規が財政に関するもので,財政罰を科せられる非行租税法,関税法,たばこ専売法などに定められている命令,禁止に違反するため,一般統治権に基づいて罰を科せられる非行で,詐欺その他不正の行為によって現実に国家の財政上に損害を加える行為 (租税の逋脱,専売権の侵害など) を逋脱犯といい,財政下命に違反し間接に国家の財政上に損害を生ぜしめるおそれのある行為 (申告義務違反,虚偽の申告など) を財政秩序犯という。加算税は制裁の意味もあるが,納税義務違反防止の税の一種である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ざいせい‐はん【財政犯】

行政犯の一。財政法上の義務に違反する罪。不正行為によって納税義務を免れる逋脱(ほだつ)犯と、申告義務に違反するなどの財政秩序犯とがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ざいせいはん【財政犯】

行政犯の一。財政法上の義務に違反する行為。租税の逋脱ほだつなどにより国の収入を直接減損する逋脱犯と、申告・帳簿記載などの義務違反により間接的に国の収入に影響を及ぼす財政上の秩序犯がある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android