コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

貯鉱 ちょこうore storage

世界大百科事典 第2版の解説

ちょこう【貯鉱 ore storage】

製錬工程・選鉱工程への供給,精鉱の出荷などに備えて鉱石類を蓄えること,または蓄えられた鉱石類。貯鉱の目的は供給や出荷に対する量的安定性を確保することにあるが,さらに品質の異なる鉱石類の配合や,品質的にばらつきの多い原料の均一化を目的とする場合もある。 貯鉱には,野天あるいは大屋根をかけた土場,または地面を掘り下げたり,囲いを設けるなどのやり方でしつらえた場所(ヤードyard)を利用する方法と,円筒形または角筒形の大きな容器を1ないし複数個用いる方法とがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

貯鉱の関連キーワード東平(とうなる)地区露天掘りポケット自然発火貯鉱場採鉱

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android