コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安息角 アンソクカク

デジタル大辞泉の解説

あんそく‐かく【安息角】

土・砂などの堆積(たいせき)物が崩れないで安定しているときの、斜面水平面とのなす最大角度。一般的な地上の斜面では35度前後、水中では1~2度で滑りはじめる場合がある。安定角

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

安息角【あんそくかく】

穀粒などを空中の1点から水平板上に連続的に落下させて得られる円錐形堆積の斜面と,水平板のなす角。息角休止角とも。土砂石炭粉体等が積み上げられ斜面をなすとき,くずれ落ちずに安定を保つ最大の角度。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

あんそくかく【安息角】

積み上げた石炭・土砂などの斜面と水平面とがなす角のうち、砂山が長い間崩れずに安定を保ちうる角度。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安息角
あんそくかく

未固結の堆積(たいせき)物が斜面上に堆積するとき、滑りをおこさずに堆積できる最大の傾斜角。安定角ともいう。一般にその物質の内部摩擦よりも5~10度小さく、構成粒子の粒度が大きいほど、また、より角張っているほど安息角は大きくなる。地上の斜面では普通35度前後であるが、水底でははるかに小さく、泥層では地震などのショックで、1~2度でも滑り出すといわれる。[岩松 暉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の安息角の言及

【三角州】より

…河川によって運搬され,河口から排出された砂泥のうち,粗粒のもの(小礫や砂)は河口の前面に10度以上の急斜面をなして堆積する。これは,河口から押し出された粒子が静水中で安息角をとって堆積するためで,次々と運搬されてくる粗粒堆積物はその前面へ付加するように堆積しつづける。この斜面が三角州の前縁にあたっており,斜面を前置斜面,堆積物を前置層(堆積物)とよんでいる(図1)。…

【粉粒体】より


[粉体物性]
 このような粉粒体の物性を調べ,またその応用技術を研究する学問領域は粉体工学powder technologyと呼ばれている。粉体工学においては,粉粒体を構成する粒子の粒径分布(粒度分布)や粒子の形状などの一次特性をはじめ,粒子集合体としての粉粒体の性質,すなわち安息角,内部摩擦角,付着力,かさ(嵩)密度,流動性などの二次特性が研究されている。このような粉粒体の二次的特性は,一般に粉体物性と呼ばれている。…

※「安息角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

安息角の関連キーワード穀粒岩松地層砂山

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android