コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

資産合算制度 しさんがっさんせいど

世界大百科事典 第2版の解説

しさんがっさんせいど【資産合算制度】

所得税は個人に課税することを原則とするが,人はおもに家族とともに消費生活をしているから,担税力に照らして〈世帯〉単位で課税単位を測定すべきかどうかが問われる。1988年12月改正以前の所得税法が資産合算(96~101条)の特例を定めていたのも,課税単位としての世帯課税の一例である。日本の所得税はその導入以来,伝統的な家族制度に基づいて同居家族の所得を合算し,累進税率を適用してきたが,第2次大戦後,〈家〉制度が廃止され,税法上も〈戸主〉〈家族〉等の語は抹消され,これに代わって〈同居親族〉の所得について合算する制度が設けられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android