賞翫・賞玩(読み)しょうがん

大辞林 第三版の解説

しょうがん【賞翫・賞玩】

( 名 ) スル
〔古くは「しょうかん」とも〕
事物の美しさ・良さなどを味わい楽しむこと。めでること。 「織部の皿を-する」
食べ物のうまさを味わうこと。賞味。 「お俊が呉れし菓子-するに/いさなとり 露伴
尊重すること。大切にすること。 「同じ御一族ながらも-御申し候ひしが/御伽草子・三人法師」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょう‐がん シャウグヮン【賞翫・賞玩】

〘名〙 (古くは「しょうかん」)
① (━する) 風物・事物などのよさを、味わい大事にすること。珍重すること。
※続日本紀‐天平一〇年(738)七月癸酉「朕去春欲此樹。而未賞翫
※仮名草子・身の鏡(1659)中「祝言のざしきにも、まづ酒をこそ賞翫(シャウクヮン)すれ」 〔晉書‐紀胆伝〕
② (━する) ほめたたえること。行為や心情などを賞賛すること。
※九暦‐逸文・天暦四年(950)閏五月二日「季富絹・縑各一疋、連茂白絹、直祥縑一疋〈季富以下三人、七ケ日間祗候。仍厚賞翫〉」
③ (━する) 手厚くもてなすこと。非常に重んじること。
※八幡愚童訓(乙)(1301‐04頃)上「社官を賞翫(しゃうグン)せらるる余、僧正に同く香染をゆるされ」
④ (━する) 味わうこと。賞味すること。
※史記抄(1477)一五「松蕈多処には、其まわりに火を置いて、たてながら焼松蕈にして賞翫するぞ」
⑤ (形動) 貴いこと。身分などが高いこと。また、そのさま。
※家中竹馬記(1511)「賞翫の人とさ程なき人と両人へ一札に調て状を遣事有べし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android