コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賞翫/賞玩 ショウガン

デジタル大辞泉の解説

しょう‐がん〔シヤウグワン〕【賞×翫/賞玩】

[名](スル)《近世までは「しょうかん」》
そのもののよさを楽しむこと。珍重すること。「書画を―する」
味のよさを楽しむこと。賞味すること。「旬の味覚を―する」
尊重すること。
「方式に拘らず時の宜しきに従うを―すべき事なり」〈子規・墨汁一滴〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

賞翫/賞玩の関連キーワード丸・元・含・岩・岸・巌・玩・癌・眼・翫・贋・雁・頑・顔・願建武式目条々錦紗(金紗)椎原市太夫念仏重兵衛永楽保全本朝文粋長鳴き鶏夢窓疎石青木木米花兎金襴呪師猿楽三輪神道名物裂信家弄ぶ弄び引茶香道月花

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android