コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外カラー写真 せきがいカラーしゃしん infrared colour photography

2件 の用語解説(赤外カラー写真の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外カラー写真
せきがいカラーしゃしん
infrared colour photography

多層式カラーフィルムの一つの感光層を赤外線に感じるようにした,識別のための特殊なカラーフィルムを用いた擬似カラー写真赤外カラー写真用フィルムとして代表的なコダック・エクタクロームインフラレッド・カラーフィルムは,表層からシアンに発色する赤外感性乳剤層,黄色に発色する緑感性乳剤層,マゼンタに発色する青感性乳剤層の順になっていて,たとえば樹木の場合,種類や老若などのために赤外反射率が異なると,色の違いとなって記録される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

赤外カラー写真【せきがいカラーしゃしん】

緑,赤,赤外線に対して感光性を有するカラーフィルム(フォールス(偽)カラーフィルムとも)を用いる写真。色彩の再現を目的とせず,軍事上の迷彩識別用,森林の樹相判定用等に使用。
→関連項目空中写真

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

赤外カラー写真の関連キーワードカラーフィルムハレーション銀塩セーフライト赤外線フィルム定着バイパックフィルムベース赤外カラーフィルムパンクロフィルム

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone