コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤外カラー写真(読み)せきがいカラーしゃしん(英語表記)infrared colour photography

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤外カラー写真
せきがいカラーしゃしん
infrared colour photography

多層式カラーフィルムの一つの感光層を赤外線に感じるようにした,識別のための特殊なカラーフィルムを用いた擬似カラー写真。赤外カラー写真用フィルムとして代表的なコダック・エクタクロームインフラレッド・カラーフィルムは,表層からシアンに発色する赤外感性乳剤層,黄色に発色する緑感性乳剤層,マゼンタに発色する青感性乳剤層の順になっていて,たとえば樹木の場合,種類や老若などのために赤外反射率が異なると,色の違いとなって記録される。もともと軍事航空偵察用に開発されたものであるが,いわゆるリモート・センシング用として,森林調査,資源探索,宇宙開発,海洋汚染調査などに広く利用された。今日では 35ミリ判赤外カラーフィルムは製造されていない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

赤外カラー写真【せきがいカラーしゃしん】

緑,赤,赤外線に対して感光性を有するカラーフィルム(フォールス(偽)カラーフィルムとも)を用いる写真。色彩の再現を目的とせず,軍事上の迷彩識別用,森林の樹相判定用等に使用。→赤外線写真ランドサット
→関連項目空中写真

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android