コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤川次郎 あかがわじろう

5件 の用語解説(赤川次郎の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤川次郎
あかがわじろう

[生]1948.2.29. 福岡
小説家。桐朋学園高校卒業後,機械学会事務局に勤めつつ,文学賞,懸賞小説などに応募を続ける。 1976年,初めての推理小説幽霊列車』がオール読物推理小説新人賞を受賞。続いてネコが探偵役の「三毛猫ホームズシリーズベストセラーとなり,作家生活に入る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

あかがわ‐じろう〔あかがはジラウ〕【赤川次郎】

[1948~ ]推理作家。福岡の生まれ。「幽霊列車」で作家デビュー。軽妙でユーモラスライトミステリーを数多く手がける。「三毛猫ホームズ」シリーズはベストセラー。他に「三姉妹探偵団」シリーズ、「セーラー服と機関銃」「晴れ、ときどき殺人」「探偵物語」など。平成18年(2006)功績により日本ミステリー文学大賞受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

赤川次郎【あかがわじろう】

推理小説作家。福岡県博多生れ。桐朋高校卒業。1976年,《幽霊列車》で第15回オール読物推理小説新人賞,1980年,《悪妻に捧げるレクイエム》で第7回角川小説賞を受賞。
→関連項目相米慎二

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤川次郎 あかがわ-じろう

1948- 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和23年2月29日生まれ。51年「幽霊列車」でオール読物推理小説新人賞。以来ユーモラスなライト-ミステリーをつぎつぎに発表。「三毛猫ホームズ」シリーズなどほとんどがベストセラーとなり,赤川現象とよばれた。平成18年日本ミステリー文学大賞。福岡県出身。桐朋高卒。作品に「悪妻に捧げるレクイエム」「ふたり」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤川次郎
あかがわじろう
(1948― )

推理作家。福岡県生まれ。桐朋(とうほう)高校卒業。日本機械学会に入り機関誌の編集を担当。そのかたわら執筆した『幽霊列車』で1976年度(昭和51)のオール読物推理小説新人賞を受賞して作家生活に入る。代表作は『三毛猫ホームズの推理』で、飼猫が人間の刑事を助けて犯人探しをするという奇抜な着想が好評を博し、その後シリーズ化された。作風の特色は軽妙なプロットとユーモラスな語り口にあり、推理小説の基本的なテーマである殺人を扱っても、作品全体の印象が重苦しいものにならないところが斬新(ざんしん)といえる。『三姉妹探偵団』もシリーズ化された作品で、美人の三人姉妹がつぎつぎに事件に巻き込まれてドタバタ捜査をするという青春ユーモア・ミステリー・シリーズ。旺盛(おうせい)な筆力の作家で、シリーズもの以外の長短編も多数ある。[厚木 淳]
『『三毛猫ホームズ』シリーズ(角川文庫) ▽『三姉妹探偵団』シリーズ(講談社文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

赤川次郎の関連キーワード北朝鮮戦争文学イタリア映画韓国済州島事件中東戦争B型肝炎訴訟と基本合意ベネシュオリンピックゲオルギウ・デジ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤川次郎の関連情報