コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松寸雲 あかまつ すんうん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松寸雲 あかまつ-すんうん

1817-1879 江戸後期-明治時代の儒者。
文化14年生まれ。美作(みまさか)(岡山県)の人。江戸の昌平黌(しょうへいこう)で古賀侗庵(どうあん)らにまなぶ。陸奥(むつ)仙台藩,湧谷(わくや)伊達氏の郷校月将館でおしえ,維新後は岡山師範教授などをつとめた。平沼淑郎(よしろう),平沼騏一郎(きいちろう)はその門下生。明治12年10月2日死去。63歳。本姓は豊福。名は元。字(あざな)は季吉。通称は元四郎。著作に「棋説」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

赤松寸雲の関連キーワード河野楊庵熊谷直夫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android