コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤松寸雲 あかまつ すんうん

1件 の用語解説(赤松寸雲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤松寸雲 あかまつ-すんうん

1817-1879 江戸後期-明治時代の儒者。
文化14年生まれ。美作(みまさか)(岡山県)の人。江戸の昌平黌(しょうへいこう)で古賀侗庵(どうあん)らにまなぶ。陸奥(むつ)仙台藩,湧谷(わくや)伊達氏の郷校月将館でおしえ,維新後は岡山師範教授などをつとめた。平沼淑郎(よしろう),平沼騏一郎(きいちろう)はその門下生。明治12年10月2日死去。63歳。本姓は豊福。名は元。字(あざな)は季吉。通称は元四郎。著作に「棋説」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

赤松寸雲の関連キーワードモンロー妙心大谷光勝アラニュ科学史光の科学史織田純一郎ドンケル=クルティウス変朽安山岩教育令

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone