コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤根武人 あかね たけと

2件 の用語解説(赤根武人の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

赤根武人 あかね-たけと

1838-1866 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年1月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。吉田松陰,梅田雲浜(うんぴん)にまなぶ。文久3年高杉晋作(しんさく)らと奇兵隊を組織し,総督となる。藩内の討幕派と対立して脱藩。慶応2年1月25日幕府側に内通したとして処刑された。29歳。本姓は松崎。名は貞一。通称は別に幹之丞。
【格言など】真は誠に偽に似,偽は以て真に似たり(辞世)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

赤根武人

没年:慶応2.1.25(1866.3.11)
生年:天保9.1.15(1838.2.9.)
幕末の長州(萩)藩の志士,奇兵隊総督。通称乾之丞。周防国玖珂郡柱島(岩国市)の医師松崎三宅の長男。安政3(1856)年,長州藩重臣浦靭負の家臣赤根忠右衛門の養子となり,月性や吉田松陰に学ぶ。翌4年梅田雲浜に従って上京,尊王攘夷運動に加わった。文久3(1863)年奇兵隊に参加し,10月,生野の変河上弥市が抜けたため総督。元治1(1864)年にもうひとりの総督滝弥太郎が転役し,ひとりの総督となり,8月の四国艦隊下関砲撃に応戦した。同年,高杉晋作の下関挙兵に反対して藩庁政府との和平論を唱えたが容れられず,長州藩を脱した。上京しようとして幕吏に捕らえられたが,長州藩討幕派の説得のために釈放され帰郷。しかし藩からは幕府内応の嫌疑を受けて逮捕され,鰐石河原(山口市)で斬首された。年29。赤根の歴史的役割は,のちに明治政府の重鎮となった山県有朋らにより故意に抹殺されてきたが,戦闘に当たっては極めて勇敢で,奇兵隊にあって重要な存在であったことが残された史料に証されている。<参考文献>村上磐太郎『赤根武人の冤罪』

(三宅紹宣)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

赤根武人の関連キーワード堀真五郎奇兵隊河上弥市白井小助世良修蔵滝弥太郎立石孫一郎御堀耕助宮城彦助山内梅三郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone