コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽粒子 ケイリュウシ

5件 の用語解説(軽粒子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けい‐りゅうし〔‐リフシ〕【軽粒子】

レプトン

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

軽粒子【けいりゅうし】

レプトン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

けいりゅうし【軽粒子】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽粒子
けいりゅうし

レプトン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軽粒子
けいりゅうし

強い相互作用を行わず弱い相互作用をするフェルミ粒子スピンが半整数の粒子)の総称で、レプトンギリシア語で軽い粒子の意)ともよばれる。素粒子に対する知見が不十分なころの分類法に由来している。陽子・中性子は電子の約2000倍の質量があるが、陽子・中性子と同程度またはそれ以上の質量の粒子を重粒子、電子のように軽い粒子を軽粒子、中間の質量のものを中間子(メソン)と名づけた。今日でもこれらの名前は使われているが、軽粒子の呼称は、この組の代表的素粒子である電子の特徴(「強い相互作用」を行わず「弱い相互作用」をする)を有するフェルミ粒子をさすときに使われる。
 軽粒子に分類されているμ(ミュー)粒子は、電子の約200倍の質量があるので、かつてはμ中間子とよばれていた。しかし今日では、その質量の違いを除けば電子とまったく同じ性質を有するので、軽粒子に分類されている。また1970年後半に発見されたτ(タウ)粒子も「強い相互作用」をしないので軽粒子とよばれているが、その質量は重粒子の陽子の約2倍もある(重い「軽粒子」)。今日では軽粒子は、電子、μ粒子、τ粒子とそれらに付随した中性微子(ニュートリノ)νe、νμ、ντの6粒子(とそれらの反粒子)が知られている。
  物質の基本要素としての粒子を分類する概念としては、クォーク属、レプトン属、相互作用を媒介している媒介子属を用いるのが適切である。[益川敏英]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の軽粒子の言及

【レプトン】より

…軽粒子ともいう。電子,μ粒子,τ粒子およびそれぞれに対応する中性微子(電子ニュートリノ,μニュートリノ,τニュートリノ)の総称。…

※「軽粒子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

軽粒子の関連キーワード音子樺太ザボンチシャトルオールプロトンラングーンデシンレプラカビ毒

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone