コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足代弘興 あじろひろおき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

足代弘興
あじろひろおき

[生]?
[没]天正2(1574)
戦国時代の神官。長く中絶していた伊勢神宮式年遷宮を復興し,その功により,権禰宜となる。豊受大神宮神官足代家中興の祖。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

足代弘興 あじろ-ひろおき

?-1574 戦国-織豊時代の神職。
伊勢(いせ)山田の慶光院清順尼と協力して全国を勧進(かんじん),資金をあつめ,中絶していた伊勢神宮の式年遷宮を永禄(えいろく)6年(1563)に復興させた。その功により度会(わたらい)神主の姓をうけ,外宮(げくう)権禰宜(ごんのねぎ)となった。のち外宮長官檜垣氏の養子となり真興と改名。天正(てんしょう)2年1月17日死去。通称は七郎右衛門,民部。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

足代弘興の関連キーワード戦国時代

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android