コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

踏み堪える フミコタエル

デジタル大辞泉の解説

ふみ‐こた・える〔‐こたへる〕【踏み堪える】

[動ア下一][文]ふみこた・ふ[ハ下二]
足をふんばってこらえる。「土俵際で―・える」
逆境の中で、がんばりつづける。「倒産の危機をなんとか―・える」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ふみこたえる【踏み堪える】

( 動下一 ) [文] ハ下二 ふみこた・ふ
足をふんばって、動いたり倒れたりしないようにこらえる。比喩的にも用いる。 「守勢をとつて-・へるであらうか/青年 鷗外

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

踏み堪えるの関連キーワード土俵際守勢

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android