凌ぐ(読み)シノグ

デジタル大辞泉「凌ぐ」の解説

しの・ぐ【×凌ぐ】

[動ガ五(四)]
押し分けて前に進む。乗り越えて進む。「波濤とうを―・いで行く」
困難や苦境などにじっと堪えて、なんとか切り抜ける。辛抱して乗り越える。また、防いで、堪え忍ぶ。「飢えを―・ぐ」「ピンチを―・ぐ」「風雨を―・ぐ」「日本の夏は―・ぎにくい」
人を侮る。
何処どこまでも人を―・いだ仕打な薬売は」〈鏡花高野聖
能力・程度などが他のものを追い抜いて上に出る。他よりまさる。「壮者を―・ぐ元気」「前作を―・ぐ傑作」「山頂雲を―・ぐ」
押し伏せる。おおいかぶさる。
高山の葉―・ぎ降る雪の消ぬとか言はも恋の繁けく」〈・一六五五〉
[可能]しのげる
[類語]勝る立ち勝る凌駕長ける越える耐える過ぎる追い越す追い抜く突破超越

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

物言う株主

上場企業の経営に自らの考えを表明して積極的に関わる株主。株主総会で独自の議案を提出したり、役員などを送り込んだりして経営改革を迫ることもある。アクティビスト。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android