コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

凌ぐ シノグ

2件 の用語解説(凌ぐの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しの・ぐ【×凌ぐ】

[動ガ五(四)]
押し分けて前に進む。乗り越えて進む。「波濤(はとう)を―・いで行く」
困難や苦境などにじっと堪えて、なんとか切り抜ける。辛抱して乗り越える。また、防いで、堪え忍ぶ。「飢えを―・ぐ」「ピンチを―・ぐ」「風雨を―・ぐ」「日本の夏は―・ぎにくい」
人を侮る。
「何処(どこ)までも人を―・いだ仕打な薬売は」〈鏡花高野聖
能力・程度などが他のものを追い抜いて上に出る。他よりまさる。「壮者を―・ぐ元気」「前作を―・ぐ傑作」「山頂雲を―・ぐ」
押し伏せる。おおいかぶさる。
「高山の菅の葉―・ぎ降る雪の消ぬとか言はも恋の繁けく」〈・一六五五〉
[可能]しのげる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

しのぐ【凌ぐ】

( 動五[四] )
苦痛や困難に屈しないで、耐えしのぶ。苦難を乗り越える。また、防ぎ止める。 「弾圧を-・ぐ」 「飢えを-・ぐ」 「 - ・ぎやすい気候」 「雨風を-・ぐ」
あるものを超えてそれ以上になる。…にまさる。 「若者を-・ぐ気力」 「身長では兄を-・ぐ」 「全盛時を-・ぐ人気」
押さえつける。押し伏せる。 「高山の菅すがの葉-・ぎ降る雪の/万葉集 1655
草や波を押しわけて進む。 「宇陀の野の秋萩-・ぎ鳴く鹿も/万葉集 1609」 「はるばると波路を-・いで行く/平家 2
侮る。軽んずる。 「何処までも人を-・いだ仕打な薬売は/高野聖 鏡花
[可能] しのげる
[慣用] 糊口ここうを-

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

凌ぐの関連キーワード押し拉ぐ棚雲矧ぐ拉ぐ葦分け押分ける掻き分けるさく・む迫り込む道分く

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

凌ぐの関連情報