コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身分代表 みぶんだいひょう representative of status

2件 の用語解説(身分代表の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

身分代表
みぶんだいひょう
representative of status

身分団体を代表すること。中世の身分制議会がこの制度の典型。西欧中世後期における身分制議会は,主として,聖職者,貴族,市民 (都市) の3身分の代表から構成されていた。このような身分代表の理念やその制度は,イギリス革命アメリカ独立革命フランス大革命など,個人が理念として析出される市民革命によって漸次消滅していった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身分代表
みぶんだいひょう
Stndische Vertretung

中世西欧諸国の身分制議会における各身分の代表(聖職者、貴族および都市と自治体の代表など)をいう。この身分制議会の形態は西欧各国での議会体形成の歴史的経緯に即して異なるものであり、したがってまた、議会への「代表」の法的地位は、所の「慣習法」に根ざしたものであったが、一般的には、「代表」は一個の法行為に基づくものではなかった。イギリスにおけるように地方自治団体の代表という形で議会に出席する場合でも、代表は州の住民から完全な権限委任を受けており、彼らの選出母体に請訓する必要がなかった。また、三「身分」といえどもおのおの同質的な実体を備えたものではなく、同一身分内に富と権力の持てる者と持たざる者との格差と対立を内包していたのであり、このことが議会出席者がそれぞれの「身分」を代表しえなかった実体的理由である。[村上義和]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

身分代表の関連キーワード国民代表三部会セイム身分制議会身分相続骨品制等族議会身分制国家《身分制論》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone