コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身欠きニシン みがきニシン

百科事典マイペディアの解説

身欠きニシン【みがきニシン】

ニシンの乾製品。生ニシン(えら),内臓を除いて2〜3日乾燥し,それを裂いて背骨をとり,さらに1ヵ月ほど干したもの。生干し程度がうまく,あく抜きしてから調味するとよい。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の身欠きニシンの言及

【ニシン(鰊∥鯡∥春告魚)】より

… 生のものは,塩焼きや酢づけ,塩蔵のものはマリネなどの酢づけ,三平汁,ニシンずしにする。乾燥品は身欠きニシンと呼び,付け焼き,蒲焼,甘露煮,こぶ巻などにする。よく乾燥したものは,米のとぎ汁に2~3日浸したあと,番茶でゆでてもどす。…

※「身欠きニシン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

身欠きニシンの関連キーワード成長期に食べさせたい食品昆布巻き・昆布巻北海道留萌市ビタミンD北前船鰊蕎麦

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

身欠きニシンの関連情報