コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車寄 くるまよせ

百科事典マイペディアの解説

車寄【くるまよせ】

殿舎に牛車(ぎっしゃ)を寄せて昇降するために(ひさし)の屋根を張り出し,下を敷石にした場所をいう。寝殿造に設けられたが,中世末より武家書院造にも普及した。現代では同形の自動車の乗降場所をいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の車寄の言及

【玄関】より

…玄関と呼ばれていたかどうかはわからないが,同じ形式の建物は1612年(慶長17)に建てられた名古屋城御殿表座敷や《匠明(しようめい)》所収の〈当代屋敷の図〉にも見られる。同じ形式の建物は室町時代末の内裏にもあり,車寄(くるまよせ)と呼ばれていた。公家の宸殿の建築における玄関の源流は,この,内裏の車寄にあると考えられる。…

※「車寄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

車寄の関連キーワード月岡 勝三郎(2代目)蹌踉う・蹣跚うドライブウエー盛り砂・盛砂打ち板・打板立て砂・立砂駅(鉄道)開智学校香椎造り御輿寄せ馬車回し光浄院主殿造輿寄せ付けるポーチ参内殿二条城車回しさす

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android