コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軋る/轢る/輾る キシル

デジタル大辞泉の解説

きし・る【×軋る/×轢る/×輾る】

[動ラ五(四)]
堅い物が強くすれ合って音を立てる。きしむ。「雨戸の―・る音」
すれ合わんばかりに近づける。
「舷(ふなばた)を―・り艫舳(ともへ)を双(なら)べたれば」〈太平記・一六〉
かじる。かむ。
「夜ごとに鼠が―・りけるが」〈咄・きのふはけふ・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android