コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍用道路 ぐんようどうろmilitary road

2件 の用語解説(軍用道路の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軍用道路
ぐんようどうろ
military road

軍隊の移動,補給をおもな目的として建設される道路。特にローマ帝国では,ローマ軍団のために道路網が整備された。ヒトラーが造ったアウトバーンは,軍事目的が重視された。第2次世界大戦前に,連合国が中国の重慶政府を援助するために建設したビルマ・ルートビルマを基点として約 1000kmに及んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軍用道路
ぐんようどうろ

軍事上の目的によりつくられた道路。戦略的には国防道路で、平時の軍隊の高速移動、補給、軍事施設への通行、ときとして航空機の臨時滑走路として利用するため、直線、立体交差を原則とする。また形、幅、勾配(こうばい)、カーブ、路面、路床を、機械化部隊の連続移動に耐えうるよう頑強につくる。第二次世界大戦前に建設されたドイツのライヒス・アウトバーンReichs-Autobahn、ソ連の五か年計画道路などがその典型。日本にも第二次大戦前は軍港や要塞(ようさい)への軍用道路があったが、戦後は存在しない。
 戦術的には、軍隊の移動、補給のために工兵(施設科)によって戦場につくられる道路で、軍公路の名称もある。既設道路を補強し使用するが、ときに山野を切り開き、路盤を整備、路面を舗装して、まったく新しく建設する場合もあり、橋梁(きょうりょう)の建設もこれに含まれる。[寺田近雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

軍用道路の関連情報