軸流ポンプ(読み)じくりゅうポンプ(英語表記)axial-flow pump

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軸流ポンプ
じくりゅうポンプ
axial-flow pump

プロペラポンプ propeller pumpともいう。船のスクリューに似た形の羽根車の回転により軸方向に流体を送り出すポンプ。普通 10m以下の低揚程で,揚水量の多い場合に用いられる。羽根の数は2~5枚で,高速度で回転させうるから,渦巻ポンプに比べて2分の1程度の小型にでき,また揚程の変化に対して効率の低下が少く,可変低揚程の場合に適している。灌漑,排水などの農業用,土木工事用,上下水道用をはじめ工場用として広く利用されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の軸流ポンプの言及

【ポンプ】より

…そのうち,インペラーから吐き出される流れが主として主軸に垂直な面内にあるものが遠心ポンプである。斜流ポンプはインペラーから吐き出される流れが主軸の中心を軸とする円錐面上にあるもの,軸流ポンプはインペラーから吐き出される流れが主軸と同心な円筒面上にあるものをいう。水を扱うポンプのほとんどすべてはこのターボポンプに属している。…

※「軸流ポンプ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android