コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出入リンク制 ゆしゅつにゅうリンクせいlink system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸出入リンク制
ゆしゅつにゅうリンクせい
link system

リンク貿易ともいう。輸出輸入とをなんらかの方法で連動させることにより,輸出入を奨励または抑制する制度。目的に応じて輸入に輸出をリンクさせる方法 (輸出義務制,輸出権制など) と,輸出に輸入をリンクさせる方法 (輸入権制) とがある。貿易商品全体についてリンクさせるものを総合リンク制,商品別にリンクさせるものを商品別リンク制という。管理貿易制度のもとで,特に加工貿易促進のため利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

輸出入リンク制【ゆしゅつにゅうリンクせい】

一定の輸出と輸入とを数量的または金額的に関連させて,業者に輸入を許可する制度。輸入統制の一方式であるとともに,輸出奨励策ともなる。取引は為替決済を伴うから清算貿易制度やバーター貿易とも異なる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸出入リンク制
ゆしゅつにゅうりんくせい

自国製品を輸出して外貨を獲得することと、外国産の輸入許可を連係linkさせるような貿易制度。リンク貿易制ともいう。通常、製品輸出と原料輸入が並行して行われる。日本では、第二次世界大戦直前に、為替(かわせ)管理を強化した際に、外国産原料の輸入許可を、製品輸出による外貨獲得を条件として付与したことに起因する。戦後においても、外貨を有効に割り当てて利用するために、羊毛や綿花などの輸入について、製品の輸出実績にリンクさせて、資金枠を決定していた。このような輸出入リンク制は管理貿易のもとでは、輸出産業の育成と加工貿易の奨励には適切な制度であった。リンク制とは逆に、輸入量に応じて輸出を許可する制度を逆リンク制という。日本では、1956年(昭和31)から、アメリカ合衆国における日本産の綿布市場を確保するために、アメリカの余剰綿花の輸入量に応じて綿製品の輸出を認めていたことがある。[鳥谷剛三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

輸出入リンク制の関連キーワード美濃部 洋次リンク制度

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android