コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出入リンク制 ゆしゅつにゅうリンクせい link system

3件 の用語解説(輸出入リンク制の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸出入リンク制
ゆしゅつにゅうリンクせい
link system

リンク貿易ともいう。輸出と輸入とをなんらかの方法で連動させることにより,輸出入を奨励または抑制する制度。目的に応じて輸入に輸出をリンクさせる方法 (輸出義務制,輸出権制など) と,輸出に輸入をリンクさせる方法 (輸入権制) とがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

輸出入リンク制【ゆしゅつにゅうリンクせい】

一定の輸出と輸入とを数量的または金額的に関連させて,業者に輸入を許可する制度。輸入統制の一方式であるとともに,輸出奨励策ともなる。取引は為替決済を伴うから清算貿易制度やバーター貿易とも異なる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

輸出入リンク制
ゆしゅつにゅうりんくせい

自国製品を輸出して外貨を獲得することと、外国産の輸入許可を連係linkさせるような貿易制度。リンク貿易制ともいう。通常、製品輸出と原料輸入が並行して行われる。日本では、第二次世界大戦直前に、為替(かわせ)管理を強化した際に、外国産原料の輸入許可を、製品輸出による外貨獲得を条件として付与したことに起因する。戦後においても、外貨を有効に割り当てて利用するために、羊毛や綿花などの輸入について、製品の輸出実績にリンクさせて、資金枠を決定していた。このような輸出入リンク制は管理貿易のもとでは、輸出産業の育成と加工貿易の奨励には適切な制度であった。リンク制とは逆に、輸入量に応じて輸出を許可する制度を逆リンク制という。日本では、1956年(昭和31)から、アメリカ合衆国における日本産の綿布市場を確保するために、アメリカの余剰綿花の輸入量に応じて綿製品の輸出を認めていたことがある。[鳥谷剛三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

輸出入リンク制の関連キーワード再輸出通過貿易中継貿易バーター貿易貿易手形貿易管理令南東貿易風密輸輸出入リンク制度

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone