農業改革[ソビエト連邦](読み)のうぎょうかいかく[ソビエトれんぽう]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業改革[ソビエト連邦]
のうぎょうかいかく[ソビエトれんぽう]

ソ連の農業制度そのものにも問題があるとして,農民自主性を促す方向で進められた改革。たとえば請負制があり,ブリガーダ (生産隊) やズベノー (生産班) などに分割して生産を請け負わせ,収穫に応じて報酬を支払う制度を採った。さらに 1988年3月の新コルホーズ模範定款では,西側諸国の企業との取引の許可,自留地制限の緩和,国家発注分以外の生産物の自主的な価格設定など,大幅にコルホーズの自主権が拡大された。次いで 89年3月にはアレンダ制 (賃貸制) の承認とともに,すべての農業経営体を独立採算制・自己資金調達制にすることが決定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android