コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農業改革[ソビエト連邦] のうぎょうかいかく[ソビエトれんぽう]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農業改革[ソビエト連邦]
のうぎょうかいかく[ソビエトれんぽう]

ソ連の農業制度そのものにも問題があるとして,農民自主性を促す方向で進められた改革。たとえば請負制があり,ブリガーダ (生産隊) やズベノー (生産班) などに分割して生産を請け負わせ,収穫に応じて報酬を支払う制度を採った。さらに 1988年3月の新コルホーズ模範定款では,西側諸国の企業との取引の許可,自留地制限の緩和,国家発注分以外の生産物の自主的な価格設定など,大幅にコルホーズの自主権が拡大された。次いで 89年3月にはアレンダ制 (賃貸制) の承認とともに,すべての農業経営体を独立採算制・自己資金調達制にすることが決定された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

農業改革[ソビエト連邦]の関連キーワードソ連

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android