コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂紀 りょき Lü Ji

3件 の用語解説(呂紀の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呂紀
りょき
Lü Ji

中国,明の画院画家。「ろき」ともいう。寧波 (浙江省) の人。字は廷振,号は楽愚。初め辺景昭につき黄氏体の花鳥画を学び,のち大収集家の袁忠徹所蔵の唐宋画を学んで一家をなし,弘治年間 (1488~1505) 初め画院に奉職,武英殿待詔となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

呂紀【りょき】

中国,明代の画家。生没年不詳。浙江省の人で,字は廷振,号は楽漁。花鳥画辺文進に学んだほか,唐宋の名画を模して技をみがき,山水の中に花鳥をおいた装飾的画風を大成。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

りょき【呂紀 Lǚ Jì】

中国,明の画院画家。生没年不詳。字は廷振。号は楽愚,楽漁。浙江省寧波(ニンポー)の人。弘治年間(1488‐1505)に召されて宮廷に仕え武英殿待詔となり,のち錦衣衛指揮となった。辺文進や南宋院体画を学び鮮麗な賦彩と細緻な描写を特色とする装飾的花鳥画を得意とした。筆墨法には同時代の山水画派である浙派の影響が指摘される。林良の写意的な水墨による花鳥画に対し,写生派と称される。呂紀とその一派の花鳥画は,日本の室町時代以降の絵画にも少なからぬ影響をあたえている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呂紀の関連キーワード夏珪馬遠梁楷荊浩石恪戴進李迪李唐馬和之蘇漢臣

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呂紀の関連情報