コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤朔風 こんどう さくふう

2件 の用語解説(近藤朔風の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤朔風 こんどう-さくふう

1880-1915 明治-大正時代の訳詞家。
明治13年生まれ。東京外国語学校(現東京外大)卒業後,東京音楽学校(現東京芸大)選科で声楽を研究,ドイツ近代歌曲にあたらしい訳詞をつけて紹介した。「野ばら」「ローレライ」などは今もしたしまれている。大正4年1月15日死去。36歳。本名は逸五郎。編著に「独唱名曲集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近藤朔風
こんどうさくふう
(1880―1915)

訳詞家。本名逸五郎。東京外国語学校卒業後、東京音楽学校選科で声楽を学ぶ。1903年(明治36)同校でのオペラオルフェウス』上演の際、石倉小三郎らと訳詞を担当。英・独・仏語に通じ声楽もよくした彼は、その後も『音楽新報』誌上にシューベルトの『菩提樹(ぼだいじゅ)』『海の静寂』『終焉(しゅうえん)』、シューマンの『花乙女』などの訳詞を発表、これらは小松耕輔(こうすけ)編著『名曲新集』(1909)に収録された。草創期の日本楽壇のために多くの名訳を残した功績は大きく、『野ばら』『ローレライ』『久しき昔』などは今日でも親しまれている。[川口明子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

近藤朔風の関連キーワード紙幣整理高校野球ブラウンオランダ文学アフガン戦争岩崎弥太郎エルメレンスドワルスフォーチュン市川左団次二世

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone