コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近角常観 ちかずみじょうかん

3件 の用語解説(近角常観の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

近角常観
ちかずみじょうかん

[生]明治4(1871).滋賀
[没]1931
真宗大谷派の僧。清沢満之の感化を受け,親鸞に対する信仰を鼓吹し,東京文京区本郷に求道学舎を創立。主著『懺悔録』 (1905) ,『人生と信仰』 (08) ,『歎異鈔講義』 (09) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近角常観 ちかずみ-じょうかん

1870-1941 明治-昭和時代前期の僧。
明治3年4月24日生まれ。真宗大谷派。清沢満之(まんし)らと東本願寺の宗門改革運動に参加し,明治33年欧米の宗教事情を視察。35年東京本郷に求道学舎を創設し,「歎異抄(たんにしょう)」を主にして親鸞の教えを説いた。昭和16年12月3日死去。72歳。近江(おうみ)(滋賀県)出身。東京帝大卒。著作に「懺悔(ざんげ)録」「人生と信仰」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

近角常観
ちかずみじょうかん
(1870―1941)

真宗大谷派の僧侶(そうりょ)。滋賀県長浜(ながはま)市の西源寺(さいげんじ)に生まれる。1898年(明治31)東京帝国大学哲学科を卒業。大日本仏教徒国民同盟の結成に参加し、仏教を公認教とするために1899年『政教時報』を創刊し、政治的活動を行った。翌年、ヨーロッパの宗教制度視察のため池山栄吉と渡欧。帰国後、1901年東京・本郷に求道(ぐどう)学舎を開設し、雑誌『求道』を発刊。親鸞(しんらん)の『歎異抄(たんにしょう)』を広く社会に紹介した。大谷派23世大谷光演(こうえん)(俳号を句仏(くぶつ)という)の限定相続に際して句仏擁護論を展開し、宗門より破門処分を受けた。著書に『信仰問題』『人生と信仰』などがある。[北西 弘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の近角常観の言及

【嘉村礒多】より

…中学のころから文学に親しみ,とくに徳冨蘆花にひかれる。中退後,人生上の煩悶(はんもん)から宗教に,中でも浄土真宗に心を寄せ,近角常観(ちかずみじようかん)の教えを受けた。1918年に藤本静子と結婚したが,彼女の婚前の男関係を知って傷つき,悶々の日を送る。…

※「近角常観」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

近角常観の関連キーワード近重真澄木村栄吉芝田忠五郎鈴木禎次竹本津太夫(3代)田中国重谷口尚真福良虎雄降矢芳郎百瀬一一

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone