コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

追証拠金 オイショウコキン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

追証拠金
おいしょうこきん

信用取引や先物(さきもの)取引において、相場の変動などにより思惑(おもわく)が外れて損勘定になり、すでに納めてある証拠金に不足が生じたとき徴収される追加証拠金。追い証、追い敷(しき)ともいう。株式の場合、証券会社に預けてある委託証拠金(保証金)の額から相場の変動による計算上の損失額が、その信用取引の約定価額の20%(委託保証金維持率という)を下回るときは、20%を維持するのに必要な追加保証金を納めなければならない。商品取引所の先物取引においては、当初納めてある本証拠金に不足が生じた場合に追加証拠金が徴収される。[桶田 篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

追証拠金の関連キーワード追い証追い敷追証

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android