証拠金(読み)ショウコキン

大辞林 第三版の解説

しょうこきん【証拠金】

契約の成立およびその履行を証するため、一方が他方に提供する担保の金銭。株式申し込み証拠金、取引所に関する委託証拠金・売買証拠金など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

証拠金
しょうこきん

契約締結の際授受される金銭をいう。たとえば、株式申込み証拠金や商品取引、証券取引の際の売買証拠金、委託証拠金などがその例である。取引所が会員(証券会社など)からとるのが売買証拠金、会員が顧客からとるのが委託証拠金で、それぞれ初めに徴収する本証拠金、相場の変動により徴収する追(おい)証拠金(追い証)などがある。信用取引で証券会社が顧客から徴収する証拠金は保証金とよばれている。[桶田 篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

証拠金の関連情報