コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

証拠金 ショウコキン

大辞林 第三版の解説

しょうこきん【証拠金】

契約の成立およびその履行を証するため、一方が他方に提供する担保の金銭。株式申し込み証拠金、取引所に関する委託証拠金・売買証拠金など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

証拠金
しょうこきん

契約締結の際授受される金銭をいう。たとえば、株式申込み証拠金や商品取引、証券取引の際の売買証拠金、委託証拠金などがその例である。取引所が会員(証券会社など)からとるのが売買証拠金、会員が顧客からとるのが委託証拠金で、それぞれ初めに徴収する本証拠金、相場の変動により徴収する追(おい)証拠金(追い証)などがある。信用取引で証券会社が顧客から徴収する証拠金は保証金とよばれている。[桶田 篤]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

証拠金の関連キーワードマージン(Margin)FXプライムbyGMOクリアリングシステム外国為替証拠金取引追加証拠金(追証)¥en SPA!株式証拠金率操作申告分離課税制度ミセスワタナベ円キャリー取引レバレッジ比率くりっく365差入委託証拠金金融商品取引法代用有価証券レバレッジ率スプレッドレバレッジリスク資産カバー取引

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

証拠金の関連情報