証拠金(読み)しょうこきん

日本大百科全書(ニッポニカ)「証拠金」の解説

証拠金
しょうこきん

契約締結の際授受される金銭をいう。たとえば、株式申込み証拠金や商品取引、証券取引の際の売買証拠金、委託証拠金などがその例である。取引所が会員(証券会社など)からとるのが売買証拠金、会員が顧客からとるのが委託証拠金で、それぞれ初めに徴収する本証拠金、相場の変動により徴収する(おい)証拠金(追い証)などがある。信用取引で証券会社が顧客から徴収する証拠金は保証金とよばれている。

[桶田 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「証拠金」の解説

しょうこ‐きん【証拠金】

〘名〙 契約の履行を確保するために、当事者一方担保として相手方に提供する金銭。株式申込証拠金・委託証拠金・売買証拠金などがこれにあたる。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「証拠金を出し、許可を得て立社するものにて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「証拠金」の解説

しょうこ‐きん【証拠金】

契約の成立・履行を確実にするために、当事者の一方が相手方に担保として提供する金銭。株式申込証拠金・委託証拠金など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android