送迎(読み)おくりむかえる

精選版 日本国語大辞典の解説

おくり‐むか・える ‥むかへる【送迎】

〘他ア下一(ハ下一)〙 おくりむか・ふ 〘他ハ下二〙 (室町時代頃からヤ行にも活用した) 送ったり、また迎えたりする。送迎する。
※栄花(1028‐92頃)様々のよろこび「折しも雪いみじう降りければ、『送りむかふ』といひ置きたるも、げにとおぼえたるに」

そう‐げい【送迎】

〘名〙 人を送ることと迎えること。おくりむかえ。
※本朝無題詩(1162‐64頃)五・初冬述懐〈大江佐国〉「年景送迎雖悽、興余幕府望高低」
※集義和書(1676頃)八「諸大名の参府の送迎」 〔春秋左伝‐僖公二二年〕

おくり‐むかえ ‥むかへ【送迎】

〘名〙 人を送ったり、迎えたりすること。そうげい。おくりむかい。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「御おくりむかへの人の、きぬの裾たえがたく、まさなき事もあり」

おくり‐むかい ‥むかひ【送迎】

〘名〙 (「むかい」は「むかえ」の変化した語) =おくりむかえ(送迎)日葡辞書(1603‐04)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

そう‐げい【送迎】

[名](スル)行く人を送り、来る人を迎えること。おくりむかえ。「客を車で送迎する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android