コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

這う/延う ハウ

デジタル大辞泉の解説

は・う〔はふ〕【×這う/延う】

[動ワ五(ハ四)]
手足を地面・床などにつけて進む。腹這いになって進む。また、腹這いになる。「赤ん坊が―・う」「はたいて土俵に―・わせる」
虫や蛇などが、からだで地をするようにして進む。「ナメクジの―・った跡」
植物の根やつる草などが地や物にまつわりついて伸びる。また、そのように物の表面を伝って進む。「壁に蔦(つた)を―・わせる」「地を―・う煙」
さまよい歩く。漂泊する。
「いかにも覚さん儘に―・ふ方へ―・ひ給へ」〈盛衰記・四六〉
[可能]はえる
[動ハ下二]
長く引きのばす。張り渡す。
「墨縄を―・へたる如く」〈・八九四〉
ことばや思いを相手にとどかせる。心を寄せる。言葉をかける。
「水久君野(みくくの)は鴨の這(は)ほのす見ろが上に言をろ―・へていまだ寝なふも」〈・三五二五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone