コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通塞(読み)ツウソク

デジタル大辞泉の解説

つう‐そく【通塞】

通じることとふさがること。
前途が開けることと閉ざされること。幸と不幸。
「政(まつりこと)の可否にしたがひて御運の―あるべし」〈神皇正統記・後嵯峨〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つうそく【通塞】

通じることとふさがること。通と不通。 「すべて仏法の-を論ずるにたらず/正法眼蔵」
運が開けることと開けないこと。幸と不幸。 「運の-、時の否泰/太平記 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる