コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通経薬 つうけいやく emmenagogue

翻訳|emmenagogue

2件 の用語解説(通経薬の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通経薬
つうけいやく
emmenagogue

月経の停滞を改善,解消する薬。月経不順の際に昔から植物性の下剤 (アロエなど) が用いられているが,直接の効果は疑わしい。月経開始を促す目的では,卵胞刺激ホルモンなどが使用されることがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

つうけいやく【通経薬】

月経を促進させる目的で用いる薬物という定義がいちおうできる。しかし現在では医学の分野では用いられない概念である。古くは多くの民間薬がこの目的に用いられた。腹部に充血を起こすような下剤や,刺激性の植物精油剤で,たとえばロカイ(ユリ科植物アロエの葉のエキス)やサフラン(アヤメ科植物)などがあったが,これらはしばしば人工流産を起こす目的でも用いられた。現在では,月経困難症について,その原因がいくつか明らかにされており,その原因を取り除くような治療が施される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

通経薬の関連キーワード健胃剤健胃薬正触媒利尿薬胃腸薬催経剤催乳剤向流ろ(濾)過布禁止薬物 (prohibited drugs)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone