コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通経薬 つうけいやくemmenagogue

翻訳|emmenagogue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

通経薬
つうけいやく
emmenagogue

月経の停滞を改善,解消する薬。月経不順の際に昔から植物性下剤 (アロエなど) が用いられているが,直接の効果は疑わしい。月経開始を促す目的では,卵胞刺激ホルモンなどが使用されることがある。俗にいう通経薬は,子宮刺激薬,麦角薬のような堕胎薬をさす場合が多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

つうけいやく【通経薬】

月経を促進させる目的で用いる薬物という定義がいちおうできる。しかし現在では医学の分野では用いられない概念である。古くは多くの民間薬がこの目的に用いられた。腹部に充血を起こすような下剤や,刺激性の植物精油剤で,たとえばロカイ(ユリ科植物アロエの葉のエキス)やサフラン(アヤメ科植物)などがあったが,これらはしばしば人工流産を起こす目的でも用いられた。現在では,月経困難症について,その原因がいくつか明らかにされており,その原因を取り除くような治療が施される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

通経薬の関連キーワードクマツヅラ洎夫藍通経剤香附子麻子仁虎杖牛膝乾漆一位

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android