コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

連理草 レンリソウ

デジタル大辞泉の解説

れんり‐そう〔‐サウ〕【連理草】

マメ科の多年草。草原に生え、高さ30~60センチ。葉は線形の小葉からなる複葉で、葉軸の先は巻きひげになる。5、6月ごろ、紅紫色の蝶形の花を開く。かまきりそう。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

れんりそう【連理草】

マメ科の多年草。山中や川岸の草地に生える。高さ約60センチメートル。葉は羽状複葉で、中軸の先は巻きひげとなる。初夏、葉腋ようえきに径約2センチメートルの紫色の蝶ちよう形花数個を総状につける。カマキリソウ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

連理草 (レンリソウ)

学名:Lathyrus quinquenervius
植物。マメ科の多年草,園芸植物,薬用植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

連理草の関連キーワードスイートピー羽状複葉総状川岸草地中軸葉腋