コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進藤喜平太 しんとう きへいた

2件 の用語解説(進藤喜平太の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

進藤喜平太 しんとう-きへいた

1851*-1925 明治-大正時代の国家主義者。
嘉永(かえい)3年12月5日生まれ。福岡藩校文武館にはいり,のち高場乱(おさむ)の興志塾にまなぶ。明治8年頭山満らと矯志社をおこす。萩の乱で捕らえられたあと,12年箱田六輔(ろくすけ)らと向陽社(のち玄洋社)を結成。箱田の死後,社長となる。39年衆議院議員(憲政本党)。大正14年5月11日死去。76歳。筑前(ちくぜん)(福岡県)出身。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

しんどうきへいた【進藤喜平太】

1851‐1925(嘉永4‐大正14)
明治・大正期の政治家。福岡藩士。1869年(明治2)箱田六輔らと就義隊を組織して福岡藩兵制改革を唱えたときから頭角をあらわし,75年武部小四郎,頭山満らと矯志社を結成して自由民権運動に参加。81年玄洋社を結成し,箱田六輔の死後社長となり,〈九州侍所の別当〉と称された。1906年福岡市から代議士に当選,憲政本党に属する。12年国民党の応援を得て出馬したが落選し政界を退く。【後藤 靖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

進藤喜平太の関連キーワード歌川広重(4代)小美田隆美国分勘兵衛(9代)佐野静雄島津荘之助島本徳次郎滝川弁三東園基愛真木痴嚢大正時代美術

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone