コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

進行流産(不全流産/完全流産) しんこうりゅうざんふぜんりゅうざんかんぜんりゅうざん Inevitable Abortion

1件 の用語解説(進行流産(不全流産/完全流産)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

しんこうりゅうざんふぜんりゅうざんかんぜんりゅうざん【進行流産(不全流産/完全流産) Inevitable Abortion】

[どんな病気か]
 切迫流産(せっぱくりゅうざん)(「切迫流産」)として経過を観察し、治療していたにもかかわらず、症状が重くなり流産が避けられない事態となるのが、進行流産です。
 流産のおこり方によっては、切迫流産の状態を経ずに出血と下腹痛がおこり、いきなり進行流産と診断されることもあります。これは、症状と診断時期による相違であり、本質的には、妊娠の維持が不可能になった状態と考えられます。
[検査と診断]
 超音波検査をしてみると、胎児(たいじ)の発育や生存が確認できないばかりでなく、胎嚢(たいのう)(胎児の入っている袋)の形が崩れたり、消失していたりします。
 妊娠に関係する成分の一部が排泄(はいせつ)されはじめ、出血量も多くなります。
 妊娠初期で、子宮内容物が完全に排泄されると完全流産、子宮内容物の排泄が不十分で、子宮内に一部残っている場合を不全流産といいます。
 なお妊娠判定に使われる尿中ホルモンは流産後も少しの間、陽性化しており、時間の経過とともに陰性化します。
[治療]
 妊娠初期は、胎児の母体外での生存が不可能な時期なので、早急に子宮内容の除去、清掃術を行ないます。
 完全流産で出血もほとんどない場合は、処置をしないこともありますが、多くの場合は不全流産のかたちをとるため、放置すると出血が止まらず、感染をおこす危険もあるため、処置が必要です。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

進行流産(不全流産/完全流産)の関連キーワード切迫早産切迫流産口酸っぱく雑駁切迫とっぱくさ何心地不死身口が酸っぱくなる程しらっぱく・れる

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone