逸早し/逸速し(読み)イチハヤシ

デジタル大辞泉の解説

いち‐はや・し【逸早し/逸速し】

[形ク]《「いち」は、勢いのはげしい意の接頭語、「はやし」は、激しい、鋭いなどの意》
霊威・霊験が著しく恐ろしい。
「熱田神(あつたのかみ)、―・くおはしまして…やがてたち所に、罰せさせおはしましければ」〈宇治拾遺・三〉
情け容赦ない。はげしい。
「―・き世のいと恐ろしう侍るなり」〈・須磨〉
気性がはげしい。気が強い。
「后の御心―・くて」〈・賢木〉
すばやい。
「真言院の律師一人、―・く読む」〈宇津保・国譲下〉
気が早い。
「いまだ御五十日(いか)だにきこしめさぬに、―・き御もてなし、めずらかなり」〈増鏡・おどろの下〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android