コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

逸早し/逸速し イチハヤシ

デジタル大辞泉の解説

いち‐はや・し【逸早し/逸速し】

[形ク]《「いち」は、勢いのはげしい意の接頭語、「はやし」は、激しい、鋭いなどの意》
霊威・霊験が著しく恐ろしい。
「熱田神(あつたのかみ)、―・くおはしまして…やがてたち所に、罰せさせおはしましければ」〈宇治拾遺・三〉
情け容赦ない。はげしい。
「―・き世のいと恐ろしう侍るなり」〈・須磨〉
気性がはげしい。気が強い。
「后の御心―・くて」〈・賢木〉
すばやい。
「真言院の律師一人、―・く読む」〈宇津保・国譲下〉
気が早い。
「いまだ御五十日(いか)だにきこしめさぬに、―・き御もてなし、めずらかなり」〈増鏡・おどろの下〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

逸早し/逸速しの関連キーワード真言院

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android