コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運上・冥加 うんじょう・みょうが

1件 の用語解説(運上・冥加の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

運上・冥加【うんじょう・みょうが】

江戸時代における雑税(営業税)。運上は商業・工業・運送業・漁業などに従事する者に課され,一定の税率を定めて納めさせた。市場運上問屋運上・紙漉(かみすき)運上・諸座運上などがある。
→関連項目浮役営業税藩専売制本途物成

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

運上・冥加の関連キーワード運上営業税雑税池運上運上方運上山古方家帆別運上塩浜運上梁運上

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone