コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

運上・冥加 うんじょう・みょうが

百科事典マイペディアの解説

運上・冥加【うんじょう・みょうが】

江戸時代における雑税(営業税)。運上は商業・工業・運送業・漁業などに従事する者に課され,一定の税率を定めて納めさせた。市場運上・問屋運上・紙漉(かみすき)運上・諸座運上などがある。
→関連項目浮役営業税藩専売制本途物成

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

運上・冥加の関連キーワード寛政の改革田沼時代成箇郷帳冥加金運上方勘定帳年貢郷帳

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android